会社概要・お問い合わせlanguage

環境・社会・ガバナンス(EGS)に関する基本方針

私共は、ESG(環境・社会・ガバナンス)基本方針を実践することが社会的責任に応えるものであり、また、投資ポートフォリオからのリターンの向上をも可能にするものと考えます。私共は、 以下の方針を基盤として投資に関する活動を行います。

1. ある特定の企業に投資を行う際には、私共が当該企業を保有する期間のみならず、投資自体の可否を検討する過程においても、当該企業に関するESGの問題を考慮します。

2. 必要に応じて、直接的にまたはポートフォリオ企業の代表者等を通じて、利害関係者の考えを汲むようにします。

3. 長期的な持続可能性を目ざし、投資を行った企業の成長と改善に努めます。取締役の派遣やその他のガバナンス上の手段を通じ、ポートフォリオ企業と共にESG分野でのパフォーマンスの向上及び悪影響を最小限に留めるための努力を行います。

4. 監査、リスク管理、潜在的な利益相反の分野においてふさわしい水準の監督を行い、さらに所有者と経営者の利害の一致を図る施策の実施に努めます。

5. 私共は、賃金、職場での安全、雇用機会の均等、団結権、団体交渉権その他のすべての面で投資対象国における労働法を遵守します。

6. 商業的な有利性を確保するための賄賂及びその他の不適切な支払いを禁止する厳格な方針を貫きます。

7. 私共の投資活動によって影響を受ける人々の人権を尊重し、私共の資金が児童労働や強制労働、差別的政策を行う企業に流れていないことを確認するよう努めます。

8. ESGに関連する事項に関して投資者にタイムリーな情報提供を行います。

9. ポートフォリオ企業からのESGに関する開示を求め、ポートフォリオ企業や業務提供者が本基本方針に沿った方針を推し進めるよう推奨します。

投資コンセプトについてはこちら