会社概要・お問い合わせlanguage

中部・北陸地域活性化投資事業有限責任組合(中部・北陸支援投資事業有限責任組合)

中部・北陸支援投資事業有限責任組合は、2016年10月27日に設立されました。NSSKのメンバーである中部・北陸ジェンパー合同会社は、中部・北陸支援投資事業有限責任組合の運営に関与します。

中部・北陸支援投資事業有限責任組合は、中部・北陸地域(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県・富山県・石川県・福井県)において、事業承継案件を中心に成長性及び潜在力の高い魅力的な中堅・中小企業を主な対象とした出資活動を行ない、必要な成長資金、 事業の改善に役立つプロセス、人材の補強と育成、国内外への事業展開のサポート、海外顧客の取り込みのサポートなどを速やかかつ具体的にご提供することで、出資先企業とともに企業・株主価値の向上を実現し、雇用機会の創出を含めて地域経済の発展に寄与することを目的としています。

専任投資チーム

松永 安彦

社長

みずほ銀行(旧日本興業銀行)入行後、海外勤務を経て、クロスボーダーM&Aアドバイザリー業務、外為市場銀行間トレーディングなどに従事
その後、興銀証券、興銀第一ライフアセットマネジメント、新光証券、みずほ証券、東海東京証券などの役員を歴任
早稲田大学法学部卒業

永森 利彦

専務執行役員

三菱東京UFJ銀行(旧東海銀行)入行後、伊勢支社長、名古屋港支社長など中部の法人取引の責任者を長く務める
2006年には三菱UFJ信託銀行にて名古屋不動産部長を務めた
2011年には東海東京証券名古屋戦略部長に就任、2014年からは東海東京アセットマネジメントの常務執行役員不動産金融事業本部長を務める
早稲田大学教育学部卒業

山田 真司

専務執行役員

三菱東京UFJ銀行(旧三菱銀行)にて日・米で企業金融に従事した後、ベインアンドカンパニーにて戦略コンサルティングに従事
その後、ドイツ証券・三菱UFJ証券・新生銀行・東海東京証券にて14年にわたりM&Aアドバイザリーに携わる
東京大学法学部、シカゴ大学(MBA)卒業

地域経済活性化支援機構(REVIC)及び東海東京インベストメント株式会社による出資

REVICには、地域経済の活性化を支援するという中部・北陸支援投資事業有限責任組合の趣旨にご賛同いただき、コアな投資家の一つとしてご出資いただいております。
http://www.revic.co.jp/pdf/news/2016/161027newsrelease-2.pdf

また、東海東京ファイナンシャル・ホールディングスも、当社の中核的な事業基盤である中部・北陸地域の経済活性化を支援すべく、子会社の東海東京インベストメント株式会社を通じてコアな投資家の一つとしてご出資いただいております。
http://www.tokaitokyo-fh.jp/news/pressrelease/2016/fh20161027.html